Chapter2 HURU Custombike

こんにちは!!

やっとやっとやっとx100 組むことができました

宮内のChapter2を、、( ノД`)シクシク…

今回ご紹介させてください!!

Chapter2 HURU Green + Purple (Rakiura)

Chpter2の中で唯一の「クライム」フレーム HURU

マオリ語で「羽」を意味にしています。

◆コンセプト

HURUは限界を超えた登坂に自身を目覚めさせ、自分を奮い立たせるバイク。マオリ語で「羽」を意味し、クラシックなフォルムのなかに高性能な能力を隠し持った軽量フレームです。

「上がるものは下がらなければならない。」と諺にもあるように、HURUは軽量性と剛性によるバランスで登りに威力を発揮すると同時に、必ずある下りに対して安心してコーナリングを行えるようにも設計されています。

路面からの振動を抑える鉛筆のように細いシートステーは、軽量なTUMU 27.2mmシートポストを支えるシートチューブとトップチューブの接合部に見事に融合し機能します。

リム(ダイレクトマウント)タイプとディスクタイプをご用意。
300枚以上のプリプレグカーボンファイバーを手作業でステンレス製の金型に丁寧に敷き詰め、究極の山岳マシンとして製造しています。


カラーリングと細身のデザインに一目惚れして購入する事半年、コンポーネントに悩みずっと店頭に展示しておりましたが、、やっと完成形を見ることができて感動しています笑

・パーツについて

ドライブトレインには新型アルテグラDi2 R8100をチョイス。
70キロほどテストライドしましたが、変速スピードが速すぎて一瞬よくわかりませんでした、、笑
あ、もう変えてくれてたのか、、!!といったかんじ。

特にフロントの変速スピードはレベルが違います。。。
感動するってこう言うことだなと思いました。

足回りにはZIPP 303 S Tubeless Discフックレスリムをチョイス!
使ってみたかったというのが正直なところではありますが、
ハンドル周りにZIPPのパーツを選んでいるのでマッチさせつつ一体感を出しています。

走り心地はタイヤに26Cのピレリのチューブレスタイヤを使用していることもあり
しなやかで上質な走り心地に加えてフックレスリムの効果なのか、嫌な微振動などが緩和されているのがとても好印象でした。
45ミリハイトの巡航性能もバランスが良くとてもGOOD!

走り心地はクッション性のある28C、進み具合は25~26Cといった印象でした。


ハンドルはZIPP SL-70 ERGO HANDLEBAR400mm

バーテープは宮内お勧め、FIZIK SOLOCUSH TACKY 2,7mm
ドロップハンドルにはこれ!と決めています。
クッション性と巻いた時の見た目がとても好きなんです。
今回はブラックではなくZIPPとアルテグラのロゴカラーに合わせてグレーを選びました。

山岳含め平坦も走り、回せば回すほどスーット伸びていくように上り進んでくれるフレーム、
見た目からは想像できない走り心地の良さ、是非他のライダーの方にも体感していただきたいです。

本店に展示していますので、

是非見に来てくださいね!


◆イベントインフォメーション(今週末は本店へ集合!)

自転車買い取ります!「買取DAY」


◆MASAYAのストックリスト

バイクストックリスト


◆WEBSTORE

MASAYAの WEBSTOREこちら!厳選した自転車が楽しくなるアイテム、
サイクルウェアを取り扱っています!

今週の注目アイテム

今週の注目アイテム(売れてるよ!)
– LEZYNE – LEVER KIT

 

宮内知也 この記事を書いた人
宮内知也